Fox in the box

音楽と蹴球とその他の好きなものについて綴っているだけです
Google
 
Web tsukki.jugem.cc
<< 奇跡は起らない? | main | 一応解決か? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
新八犬伝のお人形
高島屋京都店で開催されている「辻村寿三郎展」に行った。
最初の方は前に見た事のある12星座があっていろんな物語の女の人の人形や仏像と十二支などが展示されていた。
会場の奥に御殿が作ってあって小さなお人形が源氏物語の各場面を演じていた。

この展覧会で1番驚き感動したのは「新八犬伝」のお人形が展示されていた事
大きな玉梓と八房と八犬士は四体のみ、伏姫と何人かの頭もあった。もう劣化しているのか皆髪が白っぽくなっている。ケースに入っていない露出展示で照明に煌々と照らされて保存は大丈夫なのだろうか?(学芸員を目指していたから血が騒ぐ)
お人形が展示されていたいた横で寿三郎さんが語るビデオが上映されていた。
その中で昔は子供を歌舞伎に連れて行って見させて分からないなりに楽しませていた。そういう習慣は戦後は子供は子供らしくというようになって子供を歌舞伎に連れて行かなくなった。八犬伝のために作ったお人形は子供に歌舞伎を楽しませるようなつもりで作ったというような事を話していた。
それを聞いて気が付いた。確かに八犬伝は歌舞伎ぽかったと。最初は怖くてちゃんと見ていなかったが気が付けばすっかりハマってしまった。当時まだ幼かったのに。話の荒唐無稽さも歌舞伎だ。
今私が歌舞伎とお人形が好きなのはこの頃に刷り込まれたのだ。ブランキーの「小さな恋のメロディ」ではないが私の血の一部はこれらで出来ている。
寿三郎さんのお話の後、九ちゃんが黒子さんの姿で出てこれから八犬伝のVTRを流しますと言って第一話、二十話と最終回が上映された。時間が無かったので最後まで見る事が出来なかったが、オープニングテーマを聞いただけで懐かしさと感動で涙が出そうだった。
別のビデオで八犬伝の挿入歌が流れていて、その時は歌詞を見なくても皆歌えてびっくりした。

30日までやっているので出来たらもう一度行きたい。八犬伝をまた見たい。物販でDVDが売っていたが。
| art | 01:53 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 01:53 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tsukki.jugem.cc/trackback/236
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE